リサイクルショップを使おう

家電をリサイクル専門店で売買する際の注意点

欠けている部品がないか

部品を見つけておこう

部品を使わなくても、使用できる場合があります。
オプションがついていると邪魔なので、使う時に外している人が見られます。
使う時はそれでもいいですが、売る時は部品が足りないと困ります。
査定価格が下がるので、部品もきちんと揃えて売ってください。
購入した時、もしかしたら売るかもしれないと思って、部品をすぐ取り出せるところに保管しておきましょう。

部品が、壊れていないかもチェックしてください。
適当なところに保管していると、誰かが踏んで壊れることがあります。
1つでも部品がなかったり、壊れたりしていると価値は下がります。
家電を売るなら、誰でも高く売りたいですよね。
そのために部品の存在が欠かせないと、覚えておきましょう。

説明書をよく読もう

どんな部品がついていたのか、わからない人がいると思います。
そんな時は、説明書を見てください。
家電を買った時についていた説明書を見れば、部品が記載されているのですぐにわかります。
説明書も、家電を売る時に大切なものなので失くさないでください。
おすすめは、説明書と部品を一緒に保管することです。
それなら大事なものを失くしませんし、売りたいと思った時にまとめて準備できるので楽です。

説明書はあっち、部品はこっちというようにバラバラに保管していると、探すのに時間が掛かります。
早く家電を、売りたいと考えている人もいるでしょう。
荷電の説明書や、部品を保管する場所を決めておくといいですね。
すべての説明書や部品をまとめていれば、失くしません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る